関東大学将棋連盟 情報棟

関東大学将棋連盟規約

ここには、関東大学将棋連盟の規約を掲載しております。

[関東規約]/[関東内規]/[東日本規約]/[全日規約]/[全日内規]


関東大学将棋連盟規約


(名称、目的及び地位)
第一条 本連盟は、関東大学将棋連盟と称する。
第二条 本連盟は、将棋を通じて学生としての知性を磨き、礼儀を弁え、又相互の親睦をもはかり、学生の立場から正しい姿勢で将棋の発展に寄与することを目的とする。
第三条 本連盟は、関東学生将棋の代表機関であり、関東における学生将棋を統括するものである。

(構成)
第四条 本連盟の構成単位は、代表幹事会において認められた関東地方に存する(山梨県を含む)各大学とする。
第五条 (1) 新規加盟希望校は、幹事長に届け出ることによりその加盟が認められる。
(2) 幹事長は、これを代表幹事会に報告しなければならない。
第六条 (1) 前条の規定は、退盟及び休盟の際にもこれを適用する。但し、休盟は正当な理由があり、しかも一年以内に限り認められる。
(2) 無届けの団体戦連続二回休場は、自動退盟と見なされる。
第七条 (1) 本連盟は、団体戦に出場できない為に連盟加盟費を支払えず、学生名人戦等、全日本大学将棋連盟主催の棋戦参加資格がない大学に対し、準加盟制度をもうける。
(2) 準加盟大学は準加盟費(半期4500円)納入によって、全日本大学将棋連盟主催の棋戦に参加することができる。
(3) 但し、準加盟大学は、本連盟幹事長の被選挙権は認められない。
第八条 加盟は、各大学一団体に限られるが、代表幹事会及び常任幹事会で正当な理由が認められた場合は、二つ目の団体からは仮加盟が許される。 仮加盟中は、正式加盟の大学と同じ扱いを受け、五年間に渡って顕著な実績が認められた場合は、両幹事会の承認後、正式加盟も可能なものとする。

(代表幹事会)
第九条 本連盟は、本連盟の代表機関として代表幹事会を設ける。
第十条 代表幹事会は、本連盟の最高議決機関である。
第十一条 代表幹事会は、各大学より選出された代表幹事(各一名)により構成される。
第十二条 代表幹事会は、幹事長の召集により年二回以上開かねばならない。
第十三条 (1) 代表幹事が正当な理由で代表幹事会に出席できない場合は、代表幹事代理を出席させることができる。
(2) 代表幹事の変更がある時は、ただちに幹事長に届け出なくてはならない。
第十四条 幹事長は、必要と認められたとき、代表幹事以外の者を代表幹事会に出席させることができる。但し、その者は議決権を有しない。
第十五条 代表幹事会は、出席代表幹事の過半数の意志表示により次の事を議決する。但し、代表幹事の三分の一の出席がなければ議決はできない。
一、内規の改正。
二、常任幹事の罷免。
三、予算及び決算の承認。
四、その他、常任幹事会の提出議案。

(幹事長、常任幹事及び特別幹事)
第十六条 本連盟は、本連盟の執行機関として常任幹事会を置く。常任幹事会の役員構成は、次の通りである。
幹事長一名、常任幹事若干名。
第十七条 幹事長は、代表幹事会の議決により代表幹事の中からこれを選出する。
第十八条 常任幹事は、幹事長が、これを任命する。但し、その過半数は、代表幹事のなかからこれを選出しなければならない。
第十九条 (1) 常任幹事会は、次のことを行う。
一、本連盟主催の試合の日程、会場等の決定。
二、全日本学生将棋連盟、日本将棋連盟等機関団体との接渉。
三、予算の作成、決算の報告。
四、疑義を生じた規約、内規の解釈。
五、その他、任務の遂行に必要な事項。
(2) 代表幹事会が成立しない時、緊急実施を要する時及び常任幹事会において已むを得ないと認める時は、 常任幹事会は、その合議により代表幹事会の議を経ないで、その審議すべき事項を専決処理することができる。 但し、常任幹事会次回代表幹事会にこれを報告し、承認を求めなければならない。特別幹事は、幹事長が必要と認めた時これを任命する。
第二十条 幹事長、常任幹事の任期は一年とする。但し、再任を妨げない。

(会計)
第二十一条 (1) 本連盟の経費は、連盟加盟費、棋戦参加費及びその他の臨時収入をもってこれに当る。
(2) 本連盟の会費は、役員交代を行なう年度の最終代表幹事会より開始され、次年度の最終代表幹事会で終る。
第二十二条 連盟加盟費は前期一万円、後期一万円(つまり年間二万円)とし、団体戦初日までにこれを納めなければならない。
第二十三条 棋戦参加費は、常任幹事会がこれを決定する。
第二十四条 臨時費は、常任幹事会が必要と認める時これを徴収することができる。

(損害賠償)
第二十五条 (1) 大会中に生じた物損事故の損害賠償は、原則として本連盟と当事者で半額ずつを負担する。
(2) 当事者の負担限度額は当事者の過失の程度を考慮し、臨時の幹事会でこれを決定する。
(3) 本連盟は予備費から十万円を限度に負担し、予備費が不足した場合は臨時費を加盟各大学から一律に徴収し補填する。

(賞罰)
第二十六条 (1) 本連盟は、本連盟のために、貢献したる活動を行なった者又は団体を表彰する。
(2) 次の行為をした大学は、常任幹事会の裁定により罰せられる。
一、本連盟の規約に従わない大学。
二、所定の連盟加盟費、臨時費、その他の費用を三ヶ月滞納した大学。
三、その他本連盟の活動を阻害し、又は本連盟の活動に非協力的な大学。
第二十七条 前条の規定になる場合、処分は次の各号の一による。
一、除盟
二、半年乃至一年間の休盟
三、罰金(一万円)
第二十八条 本連盟主催の棋戦において内規(対局規定)に違反した者は、幹事長の裁定により、半年もしくは一年間の出場停止、又は罰金(五千円)に処する。
第二十九条 (1) 第二十六条第一号の規定により除盟に処された大学は、除盟させられた時より二年以上の期間を置き、 しかも代表幹事会において出席代表幹事の三分の二以上承認がなければ復盟することができない。
(2) 第六条第二項により自動退盟となった大学が復盟する時は、代表幹事会において出席幹事の三分の二以上の承認がなければならない。

(棋戦)
第三十条 本連盟主催の公式戦は、次の通りである。
一、春季個人戦
二、春季団体戦
三、秋季個人戦
四、秋季団体戦
五、新人戦
六、全国大会、準全国大会出場校の選抜に関わる臨時棋戦
第三十一条 本連盟は、前条の規定以外にも古豪新鋭戦などさまざまな棋戦を催す。
第三十二条 本連盟主催の棋戦については、別に定める内規に従わなければならない。

(全日本学生将棋連盟)
第三十三条 本連盟は、全日本学生将棋連盟の構成員である。
第三十四条 (1) 本連盟幹事長は、原則として、全日本学生将棋連盟の関東地区代表を兼任する。
(2) 本連盟代表委員は、全日本学生将棋連盟の委員長及び副委員長に選出された場合、幹事長以外にも常任幹事一名を全日本学生将棋連盟に代表委員として参加させる。
第三十五条 本連盟は、全日本学生将棋連盟主催の行事に関しては、同代表委員会の決定に従う。
第三十六条 全日本学生将棋連盟主催の棋戦への本連盟よりの代表校及び代表選手は、別に定める内規(全日本学生将棋連盟棋戦選抜規定)に従って、常任幹事会がこれを決定する。

(補足)
第三十七条 各大学は、常任幹事会より提出を求められた場合、部員名簿、卒業者名簿を本連盟常任幹事会に提出しなければならない。

(改正)
第三十八条 本規約の改正は、代表幹事過半数の出席を得た代表幹事会で、出席代表幹事の三分の二の決議により行なわれる。ただし、第十九条(2)に基づき、専決処理を認める。

トップページに戻る

inserted by FC2 system